*

2016年9月

免税店申請するなら税理士?

免税店に関する許可申請を行う場合、当然ながら、その事業者の人でも申請することは可能ですが、許可申請が初めての場合などは意外と不備が見つかってしまうもので、許可が下りない可能性もあります。そこで税理士に任せることで免税店に関する許可申請が下りるようになります。また、税理士が代行して申請することも可能であり、許可申請に必要な書類などを作成し、それを代理で申請してもらうだけでなく、マニュアルの作成や従業員への教育などもしてくれる税理士事務所も存在します。

   

  

免税店申請の行政書士



申請などで不安がある場合、そして、免税店として許可が下りた後にどうすればいいかなどのレクチャーを受けるために税理士に相談し、そこで申請までお願いするというのが効率的です。